杤木汽船の歴史

 

1901年 福岡県若松市に杤木順作商店を創立。海陸運送業、石炭売買業、鉄工業、造船業等を営む。
1902年 農商務省枝光製鐵所の汽船輸送は杤木順作の斡旋仲介により、日本郵船株式会社との間に運送契約を成立する。
1905年 製鐵所直接契約となる。 1915年 杤木順作商店を杤木商事株式会社に社名変更。
1920年 若松市東海岸通二丁目に新社屋竣工。 1925年 外国航路進出。三井物産船舶部と提携。主に豪州・大連等に配船。
1926年 名古屋出張所設置。広東港路開始。大阪出張所を支店に昇格。広東出張所設置。
1928年 清津出張所設置。北鮮定期航路開始。
雄其出張所設置。汽船「まつ丸」建造。大連出張所設置。
1930年 外航船「日出丸」建造。
1935年 神戸支店に貿易部設置。綿布、人絹、雑貨等輸出を取り扱う。
杤木化学研究所操業開始。本社を若松より神戸市に移転。
八幡出張所を支店に昇格。
1940年 南方鯨油積載母船六船団が神戸港に入港し、阪神、下津所在各タンクに陸揚、
再度大阪福崎倉庫に陸揚充缶の上、大連港へ輸送のバージ回漕、
充缶作業並に倉庫保管及び阪神~大連の船舶輸送を引請ける。
1942年 外航船「吉備丸」建造。
1943年 九州造船株式会社設立。
1946年 本社を神戸市より東京都に移転。
1951年 第6次追加計画造船において外航貨物船「うめ丸」建造。(三井造船玉野)
1957年 鋼材専用船「福代丸」建造。(九州造船)
1958年 第12次後期計画造船において外航貨物船「吉備丸」建造。
(三井造船玉野)
1960年 八幡化学工業(現日鉄住金高炉セメント)とセメントタンカーによる輸送契約を締結する。
1967年 海運業再建整備臨時措置法に基づき外航船三隻を松岡汽船に譲渡し、内航部門乗組員を神戸船舶に移籍する。
港湾運送業の改正により名古屋支店を分離し杤木合同輸送を創立する。同じく大阪支店を分離し協鐵輸送を創立する。
1968年 資本金1億4千万円。鋼材専用船「神島丸」建造。
1970年 ミナス重油専用タンカー「たかちほ丸」建造。
1980年 ケミカルタンカー「ちづる丸」建造。
1987年 鋼材船「日鋼丸」建造。新日鐵専航船として就航する。
1991年 鋼材船「第三日鋼丸」建造。
1999年 鋼材船「日鋼丸」建造。
2003年 本社を東京都中央区明石町8番1号(聖路加タワー)に移転。
資本金1億9千万円。
2005年 鋼材船「第八日鋼丸」建造。
2009年 鋼材船「神島丸」建造。
2012年 本社を東京都千代田区一ッ橋1丁目1番1号(パレスサイドビル)に移転。
2014年 資本金1億円。

栃木協鐵輸送株式会社
栃木合同輸送株式会社